『美人になる方法』ワタナベ薫の著書感想

本屋で見かけたことない人はいないワタナベ薫の本

1日1分で美人になる! 自分を変えるレッスン

本屋さんで女性向けの本や、自己啓発の本のコーナーへ行くと必ず目にするのがワタナベ薫さんの本。

次々と新刊を発売するワタナベ薫さんの快進撃が止まらないわけです。たくさんあるワタナベ薫の本、まずはどの本を買えばいいの…?と思う方も多い思います。

最初に買う本としてまずおすすめなのは、『1日1分で美人になる!自分を変えるレッスン』です。

内容としては、

1章 美人の秘密
綺麗な人ほど性格がいいのはナゼ?

2章 美人のクチグセ
言葉で自分をコントロールする方法

3章 美人の朝習慣
1日の始まりが輝くエクササイズ

4章 美人の直感力
心の声に耳をすませると答えがみつかる

5章 美人オーラをまとう
新しい自分に生まれ変わる

以上、5つの章にわかれています。

内容が項目ごとに短くまとめられていて、とっても読みやすい。まず自分は何をしたらいいのか?なにからはじめたらいいのか?が分かりやすく書かれています。

どの自己啓発本を読んでもいまいち実践できなかった…という人は一度手にとってみてください。

もしかしたら好き嫌いが分かれるのでは?

ワタナベ薫さんの本を何冊か読み、ブログも読みました。「うんうん!なるほど!タメになるなぁ~!」と思う反面、おや?と思うことがひとつだけ。

まず、メンタルコーチなどから学ぶマインドやメソッドは言い方が違うだけで、最終的には言っていることは同じ、という場合がほとんどです。

私はまだ読んでいませんが、ワタナベ薫さんの最新刊、『人生の質を高める12の習慣』はジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』のパクリではないか?と、Amazonで指摘されています。(でも、レビューをしている方は☆5つの評価なので内容が良いことは良いんでしょうね)

人生の質を高める12の習慣~ライフクオリティ向上プログラム~

パクリらしいから駄目だ!とか言うつもりはまったくないです。こういう思考法は、教えてくれる人、話してくれる人との相性もあると思うんです。同じことを言っていても、人によって分かりやすい、分かりにくい、聞きやすい、聞きにくい、そういったことは必ずあるものです。

私はワタナベ薫さんが実際にお話しているところを見たことがないし、セミナー動画や音声もまだ触れたことがないです。

本やブログを読んだだけですが、ワタナベ薫さんの「嫌いなものは排除していく」という思考が苦手です。ここだけ苦手でワタナベ薫さん本人の言い方はもっとオブラートに包まれているんですが、結論…極論…「嫌いなものは排除していく」という面が彼女にはあるなぁ、と感じているんです。

そこがどうしても苦手で、最近ではワタナベ薫さんの本を読み返すことが少なくなりました。なんか、そこだけ、読むとどうしても暗い気持ちになるんですよね。なぜか。

でも、ワタナベ薫さんの言っていることはとっても分かりやすいし、勉強になる!、こういうの素敵!と思うお話も多いのは事実です。実際、彼女の根強いファンは多いです。

自分を変えたい、理想の生活をしたい!と思う人は入門編として、まずワタナベ薫さんの著書を読むのはおすすめなので、読んでみて損なしです!それは間違いないです。

時々トゲがあることを除けば。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大