とと姉ちゃん35話&36話!あらすじと感想!杉咲花はいつから?

36話までで君子の滝子の関係についてはひと段落。
ハラハラしながら、時には君子にイライラしながら見ていたのでホッとします。笑

まとめて見たので、35話と36話のあらすじと感想について一緒にまとめていきますね!

とと姉ちゃん35話&36話 あらすじ

00

滝子(大地真央)の元に届けられていた、竹蔵(西島秀俊)からの手紙。それは小橋家のささいな日常をつづったものだった。滝子は手紙のおかげで君子(木村多江)への気持ちが変わり、自分が間違っていたことに気づいたのだと告げる。常子(高畑充希)から竹蔵の手紙を受け取った君子は、今まで滝子の言動が自分の思い過ごしだったと悟る。和解しようとしたやさき、川べりで一人きりで遊ぶ美子(根岸姫奈)が誤って水に落ちてしまう

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

川に飛び込み、溺れる美子(根岸姫奈)を間一髪で助けた常子(高畑充希)。居場所がなかったと告白する美子に、常子たちは謝る。ふとしたことから百人一首をすることになり、常子はかつて父・竹蔵(西島秀俊)と遊んだ記憶を思い出していると、隈井(片岡鶴太郎)が、君子(木村多江)の名は別の札から取ったのだと告げる。それは、滝子(大地真央)が自分の命を賭してでも我が子を産みたいという深い愛情が込められた句だった…。

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

美子の少女期はこれでおしまい?

どうやら36話までで常子の少女期は終わるという話を聞いたので、来週から美子も根岸姫奈ちゃんから杉咲花ちゃんに変わるかな?と思ったんですが、予告を見る限りまだでしたね。

根岸姫奈ちゃんは最初、美子がひねくれてる時期から演じてるから、ひねた子にしか見えなくて…。可愛いんだけど、「本当あんた生意気だったよね。よくここまで素直になったもんだわ」っていう目で見てます。杉咲花ちゃん大好きなので待ち遠しいですが、まだしばらく根岸姫奈ちゃんが見られるのはそれはそれで嬉しいです。

杉咲花の登場はいつから何だろう。6月とか7月くらい?
早くて5月下旬とか?調べても情報がない。。。

家族愛と家族の絆

34~36話でいっきに君子と滝子が和解しましたね。スッッッッキリしました。君子の態度にはほとほと呆れていたので!(私はどの立場からこれを言っているのか…?)

君子の名前の由来は泣けましたね。

君がため 惜しからざりし 命さへ ながくもがなと 思ひける かな

良い詩ですね。
滝子の君子を思う気持ちにジーンときました。泣きそうだったんですが、連日の仕事で疲れ果てていたので泣く元気もなく、涙は出ず。笑

百人一首のシーンも、ついこの前放送されたばかりなのになんだか懐かしい気持ちになっちゃいましたね。

みんな、頑張ったなぁって。たいせつな人がいなくなってしまったときの喪失感は言葉にできるものじゃないけど、安心してもらえるように、また会ったときに一生懸命生きたとちゃんと報告できるように、しっかり生きなきゃな、自分の道をちゃんと見つけなきゃな、と改めて思いました。

坂口健太郎の出番が少なかったですが大地真央さんの出番が多くてうれしかった。『とと姉ちゃん』をきっかけに大地真央さんのファンになりました!

37話から新しい展開になっていくようなのでワクワク!

※『とと姉ちゃん』ネタバレ感想など関連記事はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大