とと姉ちゃん34話あらすじ&感想!竹蔵の思いがつまった手紙

仕事が忙しくて、ここ数日疲れ果てていました。。。GWに休んでいた分のツケが一気にきた感じで。。。
休みは程よく取るのが一番ですな。GW明けの1日目とか絶対仕事行けないと思いましたよね。行きましたけどね、大人なので。笑

ようやく仕事がひと段落したので、録画して撮り溜めしていた『とと姉ちゃん』を見ていきました~!

とと姉ちゃん34話 あらすじ

00

杉野(田山涼成)から聞かされた秘密とは、父・竹蔵(西島秀俊)のことだった。かつて、竹蔵も君子(木村多江)と滝子(大地真央)を仲直りさせたいと考え、月に一度、家のことをつづった手紙を送っていたのだという。それで、滝子は自分たちの好みを知っていたのか…。竹蔵の思いを知った常子(高畑充希)は、青柳商店へと駆け込む。もう会わないとそっけない滝子。常子は土下座して、君子ともう一度話をして欲しいと説得するが…

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

予想していた竹蔵の手紙

前に滝子が手に持っているシーンがありましたが、その伏線が回収されました。
私にしては珍しくあのシーンを見たときに「あの手に持ってる手紙、竹蔵がくれたやつなんじゃない?」なんて思ってたんですが、やっぱり竹蔵からの手紙だった!

予想してわかってはいたんですけどね…。
それを滝子が口にしたとき、大切に持っていたとき…、泣いた。これ、朝見なくてよかったなぁ~って思いました。泣いてから仕事行くの、すごい疲れるので。笑

滝子は、大切な娘が素敵な男性のところにお嫁に行って、安心だったんじゃないかな。素敵な人に出会えてよかったと、滝子も思っただろうし、私も思った。竹蔵素敵過ぎますな。

それにしても、大地真央さん演じる滝子はセリフが美しいですね。
もちろん見た目も美しいんですが、何を言うにも言い回しがきれいで、オーラがすごい。大地真央さんにキャスティングした人、天才じゃないですか?
あれ、でも朝ドラだからオーディションなのかな?大地真央さんレベルでもオーディション受けたりするのかな…。

君子と滝子、ついに和解か!?
意味深なところで終わるからすぐ先が見たくなっちゃう。
※『とと姉ちゃん』ネタバレ感想など関連記事はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大