とと姉ちゃん32話&33話のあらすじと感想!君子と滝子の関係

32話も33話も、「えっ、続きは?ここで終わるの?」という終わり方をして、いよいよ面白くなってきたな~と思いました。

とと姉ちゃんのあらすじと感想をまとめていきます!

とと姉ちゃん32話&33話 あらすじ

00

学費を援助していたのは隈井(片岡鶴太郎)ではなく、祖母・滝子(大地真央)だった。常子(高畑充希)は、次女の鞠子(相楽樹)と同級生の綾(阿部純子)に相談し、母・君子(木村多江)の気持ちを考え、秘密にしておくことにする。そんなある日、君子は隈井に学費を返そうと居酒屋に向かう。酔っ払った隈井は、酒の勢いもあって「おかみさんに返す」とつい口にしてしまう。真相を知った君子は、一人で滝子の元へ駆け込むのだが…

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

どこまでも認めようとしない滝子(大地真央)に怒り、援助を断る君子(木村多江)。自分ひとりの力で常子(高畑充希)たちを養おうと、昼夜問わず働く君子に常子と鞠子(相楽樹)たちは心配するばかり。そんな折、浜松で世話になった染工会社社長の杉野(田山涼成)が青柳商店を訪ねてくる。君子や滝子の内情になぜか詳しい杉野。常子がその理由を聞くと、杉野は今まで伏せていた父・竹蔵(西島秀俊)の秘密を語り始める…。

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

君子は実は滝子に甘えてる

おいおい君子、そりゃないよ~って思いながら見た32話と33話。
私、気づいてしまったんですが、君子は滝子に甘えてるから意地っ張りなんじゃないのって思うようになりました。

そういうの、ありませんか?近いからこそ素直になれなかったり、意地を張ってしまったり反抗してしまうこと。君子はそれと同じなんじゃないかなって思ったんですよね。それで、滝子に認めてほしいんですよ。自分の選んだ人生を、大切で大好きだからこそ滝子に認めて欲しいんじゃないのかな。

そう思ったら、君子めちゃくちゃ可愛く見えてきました。
君子がもう会わないと言ったときの滝子の顔は切なかった。早く分かり合えるといいなぁ。

このあたりは、見ている人の大半が同じ感想を持ったみたい。

幼少期の君子に、「何があっても守ってあげる」と言った滝子のシーンは泣けました。。。

社長さんの隠していることって?

33話の最後で久し振りに杉野社長の登場!癒やされた~。やっぱり田山さん好きだなぁ。

どうやら滝子のことを知っているらしいけど、これは完全に竹蔵が絡んでるやつ。今週の竹蔵の思いって言うのが明らかになるんですね。

君子や常子たちの様子を竹蔵はずっと手紙で知らせてたのかな、と思うのです。
ハンカチ必須な話がきますね!

そういえば、鉄郎おじさん見かけないけどどうなったんでしょ。。

※『とと姉ちゃん』ネタバレ感想など関連記事はこちら

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大