『とと姉ちゃん』19話あらすじと感想!大地真央の年齢っていくつ?

今週は「常子、編入試験に挑む」です!

『とと姉ちゃん』19話 あらすじ

000

君子(木村多江)と滝子(大地真央)との対立により、急きょ、仕出し屋「森田屋」に居候することになった常子(高畑充希)たち。そこで出会ったのは、女将・森田まつ(秋野暢子)、大将の宗吉(ピエール瀧)、妻・照代(平岩紙)、娘・富江(川栄李奈)と板前の長谷川(浜野謙太)という個性的な面々。常子と鞠子(相楽樹)は慣れない弁当作りや配達の仕事に励みながら、編入試験に向けて勉強を始める。一方君子は浮かない様子で…

引用:http://tv.yahoo.co.jp/

森田屋の人たち、キャラが濃い

前回、すごく睨んできていたので「あぁ、こりゃクセの強い人たちだな。」とね。思いましたが、睨んできていたのはやっぱり単にクセが強いからでした。

女将があの感じだから、他の家族もそりゃクセが強いですよね。お父さんみたいな人と使用人の男の人の良い合いのターンはちょっと長くて「うぅ…」となったけど。。

今後、森田屋の人たちとの絡みも増えていくだろうし、どうなっていくんでしょうね。。

女学校の学費問題

森田屋に住み込みで働くことにしたので住むところには困らなくて済んだけど、学費などにもお金がかかるんですね。。。

森田屋の給料だけでは女学校の学費が払えない。君子は昼は森田屋で、夜は別に働くと言うけど。。。常子は反対。まぁ、当然ですよね。

学費…どうするんだろう…と思ったら、青柳商店の隈井さん(片岡鶴太郎)が学費を払ってくれると申し出てくれます。先代にお世話になったから、と。君子のお父さんかな。

何年かかっても返します、ということで学費を援助してもらうことに決まり!
森田屋での生活や女学校のこともなんとかなりそうです。

そういえば、大地真央って何歳?

大地真央を見て改めて思ったんですが、おばあちゃん役をやってるけどそんな年齢じゃなくない?とふと思ったんです。

木村多江が45歳で、そのお母さん役なのでそれなりの年齢の設定なんですが、大地真央って40代か50代なんじゃ…?と。あまり見た目が木村多江と年齢差があるように見えないって改めて思っちゃったんですけど。。。

調べたら、現在60歳なんですね!もっとお若いのかと思ってました。それでも木村多江とあまり年齢差がないけど、まぁいいのかな。若々しくて美しいのがまた迫力があって良いんですかね。

そろそろ待ちに待った坂口健太郎が出てくるかな?ワクワク!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大