映画『メアリと魔女の花』感想!なぜ評価が低いか分からない。。。

『メアリと魔女の花』を観てきました。

ジブリは昔から好きです。ただ、近年のジブリはわりと難解なものが多いかなぁ、と思ってました。

ちなみに私は王道のストーリーが好きで、クレヨンしんちゃん、ドラえもん、はたまたアンパンマンの映画まで楽しめるタイプの大人です。

子供と同じタイプの感受性ですが、感想をまとめてみます!

ちょっとストーリーのネタバレに触れるのでまだ観ていない方でそういうのを知りたくない方はお気をつけくださいませ。

『メアリと魔女の花』感想(ネタバレ含)

いつも映画を観に行くときはわりと評価を確認してから行くのですが今回は、レビューも見ず!あらすじに関しての予備知識もなく行きました。

最初に結論を言うと…

観てよかった。

観終わってからレビューを確認したんですが、意外と酷評が多くてびっくりしました、ほんと。

夏の映画にぴったりのファンタジー

001

酷評をしていた方は「ジブリ」を期待したのかな、と思うのです。

でもね、ジブリではなく、ポノックの作品です。

「ジブリにはなれなかったね」「宮崎駿のすごさを再確認した」のような感想を多く見かけましたが…

ジブリではない。

宮崎駿は宮崎駿。

比べられるのは仕方ないけど、比べてレビューをしている人たちの意見に「なるほどね」となることはないです。
ただ、ひとつだけ言うなら深さを求める大人には楽しめない作品かもしれないなぁ。
もっというと、「ただ大人になってしまった」だけの人には、楽しめない、のかなと思います。
単純に私は、『メアリと魔女の花』を観てワクワクしました。
正直、予告だけをみたとき「魔女 ふたたび」というコピーをみて、「ジブリなしじゃやっていけないかぁ」と、どちらかというとあまり期待はしていなかった。
主題歌がSEKAI NO OWARIだと知ったときも「なんて残念な…」と思いました。(セカオワは好きです。)

でもね、単純に、「アニメ映画を楽しめた」んです。最近、あるようでなかった子供も楽しめるアニメ映画の真髄をみたな、と。(ポケモンとかは別にしてね。独立したアニメ映画としてね。)

 『アリエッティ』も『マーニー』も雰囲気はすき

私は『ハウルの動く城』以降のジブリはほとんど内容がよく分からないタイプの人間です。ハウルも何度見ても良さが分からず…最近、解説(謎解き?)みたいなのを読んでようやく意味を理解して好きになったくらいの感じの人です。

『メアリと魔女の花』の監督、米林宏昌の手がけた『アリエッティ』と『マーニー』。

『アリエッティ』も『マーニー』も、映画の雰囲気が好きです。雰囲気は好きです。ただ、「何が… 何が言いたかったのか… 私にはわからない」というのが正直な感想でした。

なんというか… 映像は美しいので、BGMのかわりに流しておきたいような映像かな、と思うのです。

でも、『メアリと魔女の花』は、何が言いたいとかそういうのではなく、普通に面白かった。アンパンマンやドラえもんの映画もそうだけどアニメ映画って何が言いたいとかではなく、単純に娯楽のひとつだと考えるのがまず大事なのかなと思うのです。

『メアリと魔女の花』は難解なところもなく、普通に楽しめました。

「あれっ?これで終わり?」「なんか分かりにくいなぁ」とか、そういうのはなかった。子供脳の私は普通に楽しめました。

暑い夏の、ちょっと疲れた自分に

001

私ね、観終わったあと、数人におすすめしたから結構気に入ったんです。また観たいなぁ、と思うくらいに。

暑い夏、疲れたなぁと思うとき、観たい映画だなぁ、と思うのです。まさに「夏の映画」という感じでした。

観てよかった。映画館で観られて良かったです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大