思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)2巻感想(ネタバレ含)

『思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)』の2巻が発売されていたので買ってきました~!

書店で表紙を見たときに「Wヒロインという話だったけど、やっぱ主人公は由奈かぁ…」と思いましたね。

1巻もそうだったけど、2巻も全体的な心理描写は由奈の方が多いです。
では、感想をまとめていきます!

ネタバレ的な要素も含むので苦手な方は気をつけてくださいね。

理央の思い人は予想通り

1巻から、理央は朱里のことが好きなのでは…?と予想してた人も多いと思います。私もそう予想してましたがここは予想通りでした。

予想通りだったんだけど、理央が胸の内を由奈に話すところはかなり切ない。由奈の気持ちも考えるとダブルで切ないです。

誰にも話したことのない『秘密』を由奈に話した理央は、由奈のことそれなりに気に入ってるんだろうなぁという感じ。1巻のときよりも心理的距離がかなり近い!チャラチャラしてるなぁ~という印象の1巻とは打って変わって、2巻の理央はかなり良かった。

由奈と理央メインで展開していきそうかな。

朱里も1巻の伏線回収

1巻でちょっと伏線があった朱里は誰か好きな人がいるのでは?という部分も2巻で回収されます。こちらについては、もしかして理央のことが気になってるのかなと思ったりもした1巻でしたが理央にはかすりもしてません。

朱里にとって理央は恋愛対象ではなさそうなんですよね、まったく。

1巻で、朱里は和臣なんだろうなぁと予想してましたが、この部分も思ってたより早く展開しました。朱里は和臣です。和臣、何考えてるか掴み所のないキャラで、もしかしたら由奈のこと好きなのかなぁとかも思ってましたがここの部分の描写は2巻までの時点でなし。伏線らしきものもありません。

ここで和臣が由奈のことが好きだった場合、全員片思いっていう展開になりそれはそれで面白いかも…。3巻以降は和臣の心理が気になります!

由奈が可愛くなった

1巻の時点でキャラデザがあまり可愛くないかな~と思っていた由奈ですが、2巻以降は由奈の性格やキャラもあって1巻のときよりも可愛いなぁって思いました。

巻末のマーガレット予告も可愛く描かれています。

00000

この由奈可愛いですよね。いつもこんな感じの描写だと由奈の人気も一気に上がりそう。

1巻の時点ではあまりキャラクターに魅力を感じてなかったけど、2巻は全体的に良かったです。和臣がいちばん好きかも!

キャラクター同士の絡みが多くなってきて3巻以降は咲坂伊緒先生のグループ恋愛が展開されていきそうです!

3巻も楽しみ。

関連記事

思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)1巻感想(ネタバレ含)

思い、思われ、ふり、ふられ4巻ネタバレ&感想!ようやく面白くなってきた!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大